車寿命 走行距離 耐用年数 タイミングベルト交換10年?


車の寿命は日本では10年10万kmのように言われていますが、
海外で日本車は20年30年乗られています。
部品の供給義務が10年や、タイミングベルトの交換時期が10万km
などありますが、車の耐用年数はもっと長いです。

車 寿命 年数 目安 15年?

車はエンジン含め部品の取り替えが可能です。
修理と部品交換をする限り本来は何年でも乗れると言われています。

交換部品が手に入らなくなったり、
修理費がかさみ、維持費が高くなるようなら変え時と言えます。

車の部品は販売から10年間は部品の供給が義務づけられています。
10年は部品の取り寄せが可能です。過ぎても
中古車から部品を取ってくることも出来るので、中古部品が見つかれば
修理は可能ですし、人気の継続車なら部品も生産されています。

日本では10年10万キロで値段が付かなくなって来ますが、
海外では日本車は20年30年ものも売られ走っています。

耐用年数は10年〜15年が目安とも。
まわりでは13年や登録から16年で故障で買い替えました。

では、走行距離は?

車 寿命 走行距離 

日本では、10年10万kmと思われていますが、
アメリカなど海外では20万キロ30万キロの日本車は売られ
乗られています。

耐用年数の目安はトラックは100万キロ
普通乗用車でもエンジンをばらさずに30万km程と言われています。

そこまで修理費にコストをかけないのであれば、
目安は走行距離で15万キロから20万kmです。
まわりでも13万kmや15万kmあたりで故障して買い替えた人が多いです。

修理すれば直せるでしょうが、修理費や維持費が高くなって来ます。

10万キロと言われている理由の一つに、
タイミングベルトの交換時期が10万キロというのがあります。

タイミングベルト 交換 時期 費用 タイミングチェーン

自動車部品のタイミングベルトの交換時期は10万kmです。
タイミングベルトの交換費用は4万〜8万
約3万円+工賃などかかります。
車種によって違いますが7万前後です。

タイミングベルトが切れたとなると、エンジンまで駄目になり、
中古車が買える程の修理費用になります。
交換費用の方が断然安いです。

車種によってはタイミングベルトでなく、
タイミングチェーンがついています。

タイミングチェーンはの交換時期は30万kmで、
基本交換の必要はありませんが、
エンジンオイルの交換をしないと劣化します。

タイミングチェーンの交換費用は7万〜20万円です。
交換にならないようにオイル交換をしましょう。

HONDA車では、フィットやモビリオはタイミングチェーンで、
車検24ヶ月点検でオイル交換のみ無料でやってくれているので
大丈夫そうです。
ステップワゴンはタイミングベルトです。

*エンジンマウントの交換時期も10年10万キロ頃です。

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!




維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ