セカンドカー割引適用条件 割引率とは 別保険会社でも使える


セカンドカー割引とは、2代目に契約する車を、
新規6等級からではなく7等級から契約できる割引制度です。

適用されるためにはいくつか条件があります。
特に若い人は割引率が大きくメリットがあります。

スポンサードリンク

セカンドカー割引適用条件 車の所有者の範囲とは?

セカンドカー割引が適用されるのは、
今回新しく契約する2台目の車両の所有者が、

・1台目の車の記名被保険者
・記名被保険者の配偶者 
・記名被保険者の同居の親族
・1台目の車の所有者

である時です。

適用外
別居の未婚の子 別居 離婚

セカンドカー割引対象

同居の親族 大学生 親 家族 夫婦 子供 家族 父親 妻 夫 息子
契約者本人 所有者本人 
など。

セカンドカー割引その他の必要条件

■契約状況

・1台目の契約車が11等級以上であること
・2台目がはじめての契約であること

■用途車種

・自家用普通乗用車
・自家用小型乗用車
・自家用軽四輪乗用車
・自家用小型貨物車
・自家用軽4輪貨物車
・自家用普通貨物車0.5トン以下 0.5トン超2トン以下
・特種用途自動車

■所有者

・個人であること

■記名被保険者

・1台目の契約の記名被保険者
・記名被保険者の配偶者
・その同居の親族

■契約車両の所有者が

・1台目の記名被保険者
・記名被保険者の配偶者
・その同居の親族
・1台目の所有者

これら全てを満たすことが必要です。
(参考 ソニー損保)

セカンドカー割引の割引率とは?

スポンサードリンク

セカンドカー割引は、本来6等級から始まるところを、
条件を満たした場合、
新規車両を7等級から契約できる。

という割引制度です。

年齢条件によって変わって来ます。

年齢不問18才〜19才20才>

6等級 +25%
7等級 ー10%

21才以上補償>

6等級 +10%
7等級 ー15%

26才以上

6等級 ー5%
7等級 ー28%

2台目の車は7等級から始まるので、
10代の場合は35%も差が出ることになります。

自動車保険会社が違っても適応されます。

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!




維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ