準中型免許と普通免許どっちを取得する?違いや限定解除費用は?


準中型免許が平成29年3月12日より施行されました。
18歳になったら普通免許と準中型免許どちらを取得するべきか。
限定解除の費用や違いは?

スポンサーリンク

準中型免許ができた経緯

これまで普通免許で4tトラックが運転できました。
それにより、
スピードを出しすぎて曲がりきれずに横転したり、
止まれなかったり、トラックの事故が多く起こってきました。

その対策として、4tトラックを運転できないように、
中型免許というものができました。

次に起きた問題は、20歳にならないと取得できないということです。
それを改善すべくできたのが準中型免許です。
18歳から取得することができて、トラックが運転できます。

普通免許では、消防団の消防車やトラックが運転できない
という新しい問題が出てきています。

普通免許から準中型に取り直す(限定解除)のは、
準中型を最初から取るよりも講習時間が長くなり、値段も高くなります。

準中型免許

準中型免許の範囲は?

準中型免許(平成29年3月12日施行)は、

18歳以上
総重量 3.5t以上7.5t未満
積載量 2t以上4.5t未満
定員 10人以下

ただし、平成19年6月2日施行普通免許を持っている人は、
そのまま運転することができます。

普通免許(平成19年6月2日)

18歳以上
5t未満
3t未満
10人以下

普通免許の運転範囲

普通免許(平成30年3月12日以降)

18歳以上
3.5t未満
2t未満
10人以下

今普通免許を取得しても、以前に比べて運転できる車がかなり減っています。
これだと準中型免許を取得した方がいいのでしょうか?

準中型免許と普通免許 限定解除の費用は?

某自動車教習所の例では、

普通者のオートマ限定AT免許を取得するには、321046円かかります。
最初から準中型免許を取得する場合の費用は、395242円です。
普通免許のAT(オートマ限定)を持っている人が準中型免許を取得する(限定解除)には、181806円かかります。

消防団に入って消防車を運転する、
トラックを運転する
という機会がありそうならば、準中型を取っておいた方がいいですね。

乗用車しか運転することはないならば、
普通者免許でもいいかもしれません。

男性は、地域の消防団や祭りなどでトラック運転など
する機会がありそうなので、男性なら準中型免許がいいかもしれません。

女性は消防団には入りませんが、
近年はトラックを運転する人も珍しくなくなってきました。
宅配食材や配送業などの大きめトラックも女性が運転していたりします。

普通免許から準中型を取り直すと、10万円以上余計にかかったりしますので、
最初にどちらを取るかしっかり選んだ方がいいですね。

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!




維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ