自動車保険を安くする方法 | 安いおすすめ自動車保険 相場と平均は

自動車保険を安くする方法

自動車保険は、若者の車離れや高齢者の事故などで、
保険料率が改正され毎年値上がりしています。

保険を使って車を修理したところ、3等級下がり
自動車保険が15%以上値上がりしていまいました。

補償内容の見直しと、任意保険会社の比較をしたところ
年間保険料が40150円も安くなりました。

安くなる条件は会社によって違います。
安くなる自動車保険はこちらで探しました。

>>自動車保険一括見積もりサイト

数分の入力で、自分にとって安い任意保険が分かって便利です。

・走行距離が長くても高くない自動車保険会社
・60代、70代でも値上がりしない会社
・10代、20代の子供が運転しても高くい会社 

など安くなる条件は会社によって違います。

・対人対物無制限
・人身傷害3000万円

の同条件で見積もりしても、年間保険料は
40400円から93000円まで、年間52600円もの差がありました。

年間4万円安くなると生活にゆとりが出ます。

事故の連絡は保険会社の前に警察に

事故で自動車保険を使う時、
最初に連絡するのは保険会社ではなく警察です。
警察を呼びましょうか?というだけで、なぜか去って行く相手もいます。
示談に応じないでで、「警察呼びましょうか?」というだけで
解決できてしまうことが多々あります。

事故の証明写真を取ることも大切です。事故を証明出来ることで、
保険金不払い、払い渋りから逃れられることも。

通販型自動車保険が増えて来ましたが、
警察の事故証明と事故の証拠写真があれば、
受け取りが難しいと言われている車保険も受け取りやすいです。

駐車場で駐車中の他人の車にぶつけてしまった時、
相手への賠償の金銭のやりとりは全て保険会社がやってくれて便利でしたが、
3等級下がり値上がりして高くなってしまいました。

自動車保険の見積もりをしたら、
年間40150円も安くなり、事故前よりも安くなりました。

一番安かったのはSBI損保です。走行距離が長くても安いです。
走らない人は、ソニー損保やイーデザイン損保が安いです。

人によって安くなる自動車保険は違います。
5分の入力で自分にとって安い車保険が分かって便利です。

>>自動車保険一括見積もりサイト

年間4万増えたら、おいしいお食事に行けそうです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ