酒酔い運転 罰則点数 免許取消し 停止期間 酒気帯び飲酒


お酒を飲んで運転すると免許取消です。呼気の濃度によって、
違反点数35点3年免許再取得できません。(酒酔い運転)
酒気帯び運転なら、25点で2年取消13点で90日の運転免許停止(免停)です。
飲酒運転の罰則や違反点数は厳しくなり欠格期間も延長されています。

スポンサードリンク

酒酔い運転 違反 点数 免許停止期間

酒酔い運転の違反点数は35点。免許取消(免取り)です。
欠格期間(免許を再び取得出来るようになるまでの期間)は3年です。

お酒を飲んで運転すると、
運転免許取消になり、再び免許を取れるようになるまで3年です。

さらに罰則として、
酒酔い運転は、5年以下の懲役または100万円以下の罰金
酒気帯び運転は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

減点される点数は、
酒酔い運転で35点
酒気帯び運転
呼気1L中のアルコール濃度が0.25mg以上で25点
0.15mg以上0.25未満で13点

酒気帯び運転は、25点 欠格期間2年
違反点数13点 免許停止期間(免停)90日

となっています。
たった一度、代行を頼まずに自分で運転しての帰宅が命取りです。
地方では車がないと買い物や子供の習い事や部活動の送迎もできなくなります。

スポンサードリンク

運転免許の欠格期間

運転免許取消になると、教習所に通っても期間を過ぎないと免許取得できません。
酒酔い運転(飲酒運転)だと35点減点され、免許取消になります。

前科がなければ、3年間。

一度運転免許取消になり、3年あけて免許を再取得し、
また飲酒運転した場合は前科あり前歴1回となるので、

免許欠格期間は4年で違反点数40点空4点と同じ扱いになります。

2年 25点相当(酒気帯び運転)
3年 35点〜39点
4年 40点〜44点
5年 45点〜49点
6年 50点〜54点
7年 55点〜59点
8年 60点〜64点
9年 65点〜69点
10年 70点以上

飲酒した時は代行 8時間以上あけて運転

代行とは、酒を飲んだ人にかわって車を運転してくれるサービスです。
東京に住んでいた時は代行の存在を知りませんでしたが、
地方では飲み屋さんでも電話番号が載っています。

代行を頼むと、2人組で1台の車に乗って来て、
1人は酒を飲んだ代行依頼者の車を運転し、客は自分の車の助手席に乗ります。

もう1人は代行の場所まで乗って来た車を運転して帰ります。
値段はタクシー料金より安い位です。

自営業で代行をやっている人が、たまに1人用(一人乗り)の車で代行を頼む人がいると。
助手席に乗る前提のサービスですが。

代行を頼まない場合は、8時間〜10時間以上あける方がいいでしょう。
何時間あければ捕まらないと決まっているわけではなく、
アルコールが分解される時間は個人差がかなりあります。
翌日早い場合は飲み会でも早めに酒は終わりにするのがいいですね。

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!




維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

サブコンテンツ

このページの先頭へ