中古車契約 購入キャンセル クーリングオフ 買取下取り返品ある?


中古車は購入契約後のクーリングオフが出来ません。契約は、
契約書にサインをした時なのか、取り置きの前金を支払った時なのか、
中古車は状態も様々なので慎重に契約しましょう。
下取り売却契約もキャンセル可能な期限があります。
出張査定を数社同時に行うと一番高い買取金額が分かるのでキャンセルの必要も無くなります。

スポンサードリンク

中古車の購入契約後のキャンセル クーリングオフ

中古車はクーリングオフが認められていません。
契約後のキャンセルは出来ないので、確認は入金前にしましょう。

査定に出して初めて、自分が購入した中古車が、
事故車であったり、走行距離改ざん車だったと気づくケースもあります。

大きな企業などは、走行距離の管理システムなど導入していて、
距離改ざんが分かるようになっています。
中古車販売店が仕入れに利用するオークションは、
オークションの方で走行距離など、細かくチェックが入るため、
走行距離改ざん車などはないそうです。

小さな個人の中古車販売店で大きな機関を通さずに仕入れた車で、
業者がメーターを戻した車で本当は15万キロ走っているけど、
2万キロで販売されているものも中にはあるそうです。

一度契約してしまうと、中古車はクーリングオフ出来ないので、
距離改ざんなどあれば返品しますなど、
入金する前に確認した方がいいですよと査定員の方に言われました。

見積もり見ながらさらりと説明されて、中古車購入サインしましたが、
サインをした時点で契約成立です。
もうクーリングオフ出来ません。そのように小さく記載されています。

中古車 取り置き 手付金 キープはキャンセルできる?

中古車は1点ものなので、同じものを買うことが出来ません。
「○○を△日に見に行きたいのですが、それまで取り置き出来ますか?」
と問い合せし、
取り置き金、前金として2万円など支払う場合があります。

販売店によっては、取り置き金、前金入金で
契約成立と判断して、キャンセル料として本体価格の10%など
請求してくる販売店もありトラブルになることもあるようです。

スポンサードリンク

中古車は契約後のクーリングオフやキャンセルが出来ないので、
前金が契約扱いとなるのか、取り置きキャンセルした場合のキャンセル料など、
確認してから、支払いしましょう。

中古車の実物を見ないままネットで注文する人もいて、
運送費を支払い実物を見ないまま購入する人も。
1点ものの中古車が突然売れてしまうので、つい取り置きしたくなりますが
慎重に契約しましょう。

販売店としても取り置き金2万円もらって取り置きして売りそびれて、
キャンセル料2万円入ってもメリットなさそうですから、
トラブルにならないように気をつけたいですね。

中古車を下取り 販売 売却 キャンセル 返品はある?

車の売買契約書には、
「お車の引き渡し日の翌々日以降は原則として契約のキャンセルが出来ません」
と記載されていました。
契約書の裏面には細かい小さな字で紙面を埋め尽くす文字で契約条項が書かれています。
契約したらそれに従うことになります。

■売った車が戻されるケース

自分の中古車を売却して、後日、
距離改ざん車だった、水没車だったなど判明した場合は、
車両を戻される(返品)ことがあります。

■一番高買取業者に売る

おすすめは、出張査定を数社同時に行うことです。
業者の人は慣れているので一番高い業者と契約出来ます。

他社はもっと高い買取なのでキャンセルしたい
ということなくなります。しかも競合して高い値段が付きます。

スポンサーリンク

維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!




サブコンテンツ

このページの先頭へ