出国税 富裕層が日本から移住で税金が 2015年7月


7月までに海外に移住する富裕層や海外に口座開設する人がいましたが、
7月1日より出国税が開始されました。
日本を出国すると1億円以上の資産に15%の税金がかかります。
日本は所得税も相続税も高く、高収入だと現金があまり手元に残りません。

スポンサードリンク

富裕層の出国税 日本で2015年7月から

日本は累進課税で富裕層の税金が高いです。
2015年になってから、富裕層が次々とシンガポールや台湾など、
海外に出て行っていました。
日本に在住のままでも、海外に銀行口座開設するなど、
日本から自分の資産を移動させる動きがみられました。

7月には海外に出られなくなるとは聞いていましたが、
1日から「出国税」というものが導入されました。
別名「国外転出時課税制度

株式証券など資産が1億円以上の人に、
売ってなくとも株式の含み益(キャピタルゲイン)のように15%が課税されます。

株式の売却益に課税しないシンガポール、ニュージーランドや香港などに、
日本人で永住する人が1996年の2.6倍に増えました。

日本の最高税率は、2015年1月より、
所得税45%、相続税55%と引き上げられました。

10月にはマイナンバーで資産が把握され、課税されると噂されているので、
資産を持っている人は円で持たない方がいいかもしれません。

過去に日本で金融封鎖が行われた時、現金やタンス預金の人は資産が減りましたが、
株式や不動産で所有している人は減りませんでした。
最近「金」に変えた人もいますが、10月にはマイナンバーで、
口座残高や株式口座、税金情報など、が紐づけられるので、
資産が分かってしまいます。

スポンサードリンク

富裕層がシンガポールに移住するのは

近年はインターネットを使ったビジネスでお金持ちになる個人が増えています。
見た目にはあまり分かりませんがお金持ちが増えました。

日本では所得1億円に対し、5105万円の税金がかけられます。
シンガポールでは1810万円です。

日本の法人税が35.64%であるのが、
シンガポールは17%(一律)

また、日本の相続税は最高55%です。
シンガポールに子供を住まわせれば、1億円の金融商品(保険商品)なども
まるごと相続出来ます。

日本の税率では、富裕層は日本にいて収入を得ても、税金を支払い、
相続をしたら手元に残らなくなってしまいます。

仕事しても仕事しても残らないので、シンガポールや香港など、
に移住してしまいます。

税金逃れやキャピタルフライと(資本逃避)と言われますが、
この税率では逃れたくなってしまうでしょう。
富裕層は7月前に海外に移住していましたが、
せっかくの富裕層が国外に出て行ってしまい日本に税金が入らなくなるのは
もったいないことです。

スポンサーリンク

維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!




サブコンテンツ

このページの先頭へ