ステップワゴンフルモデルチェンジ2015年4月 スパーダ


ステップワゴンが2015年4月フルモデルチェンジです。
ターボエンジンで1500ccでありながら、タイヤのサイズによっては、
2000ccや1800ccクラスの馬力を出します。5ナンバー車ですが、
ステップワゴンスパーダは全長が長く3ナンバーです。
横にも開く後ろのわくわくゲートが特徴です。

ステップワゴンフルモデルチェンジ2015年4月 スペック最新情報

ホンダのステップワゴンは、グレードが
B FF /4WD
G FF /4WD
G・EX FF/4WD
スパーダ FF/4WD
スパーダ・クールスピリット FF/4WD
とあります。

排気量が1496CCとダウンサイズしています。
ターボチャージャーが付いているので馬力は2000cc並みです。

排気量が下がったことで、税金も安くなり維持費が下がります。
2.0Lでは、自動車税39500円が、
1.5Lの新型ターボでは、34500円と年間5000円安くなります。

価格は、2,288,000円〜3,081,400円で、
ヴォクシーやエクスファイア、セレナ、ノアと似た価格帯です。
ヴェルファイアやアルファード、オデッセイやエスティマ、エルグランドは高めです。

燃費も17.0Lと良く、5ナンバー車で、7人乗りです。

Bのグレード以外は、後ろのドアが横に開く、
わくわくゲート」を採用しています。
わくわくゲートにすることで車体が重くなるので、
いらないと考える人もいますが、子どもは喜びそうです。

自動ブレーキ付きの衝突回避機能はオプションで付けられます。

気になる全長は4690mm
コンパクトな7人乗りだと4mからありますが、
(モビリオ・シエンタ・フリードなど)
8人乗りのアルファードの長さ4915mmよりは短いです。
運転のしやすさを考えると短い方が駐車場も楽なので、
全長と乗車定員がせめぎ合います。

値段や燃費は大型のミニバンの中ではコストパーフォーマンスがいいです。

ホイールベースは2890mm
タイヤ&スチールホイールは205/60R16

ステップワゴンスパーダ STEPWGN SPADA 違い

ステップワゴンの5代目となる新型が発売されました。
ステップワゴンとスパーダの違いは全長とナンバーです。

ステップワゴン標準は、全長4690mmが、
スパーダは全長4735mmとエアロパーツを備え長くなり、
3ナンバー車になっています。

全高は1840mmで、先代型より25mm長く、
全幅は1695mmと5ナンバーサイズで、全高全幅は共通です。

リヤゲートはわくわくゲートにより、左右非対称のリアビュー、
エアロバンパーも装備され、ヘッドランプにはLEDを採用しています。
自転車もわくわくゲートからまっすぐ積み込めます。

タイプによってシートバックテーブルが付いています。
運転席助手席にも調整式のシートヒーターがあり、
簡単なお食事がし易くなっています。

ホンダセンシングは標準装備で、
ミリ波レーダーとカメラで自動的に緊急ブレーキを作動。
車線逸脱しないよう戻す制御つき。

まぶしい日差しをさえぎるロールサンシェードは、
Bのグレード以外は標準装備となっています。

1500cc VTEC TURBO ターボ エンジン

エンジンは新開発の直列4気筒1500ccターボです。
最高出力は150、最大トルクは20.7kg-mで2000ccの
ノーマルエンジンと同等。
JC08モードの燃費はタイヤのサイズによって異なり、
16インチタイヤ装備車で17km/lとなり1800ccクラスに相当します。

維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!




スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ