ホンダセンシング オデッセイ ステップワゴン ジェイドに搭載



ホンダセンシング搭載車種はオデッセイ・ステップワゴン・ジェイド・レジェンドです。
誤発進制御機能においては軽自動車にも搭載されて来ていて、
誤発進制御機能+低速域衝突軽減ブレーキフィットにもオプションで
付けることが出来ます。

スポンサードリンク

センシングのオデッセイ ステップワゴン ジェイド ホンダ

ホンダ車のオデッセイ、ステップワゴン、jadeジェイド、legendレジェンド
には、ホンダセンシング機能がついています。

・衝突軽減ブレーキCMBS
・歩行者事故低減ステアリング
・ちかづきすぎないためのACC
(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
・LKAS(車線維持支援システム)
・炉外逸脱抑制機能(はみださない)
・誤発進抑制機能
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能

が付いています。

衝突軽減ブレーキ(自動ブレーキ)については、
ホンダは前の車との速度差が5km/h以上で、
警告音とブレーキがかかります。

眠くてうとうとした時に、ブザー警告音がなって助かった経験から
必ず自動ブレーキを付ける人もいます。

酷い眠気に教われた時に、なんとか運転し、
駐車場についたと同時に寝ていたことがあり、
目が覚めたら車の中でエンジンがかかっていてびっくりしたこともあり、
警告音などあると安心と感じました。

センシング衝突軽減ブレーキ アイサイトと比較

スバルのアイサイトは、
前の車との速度差が50km/h以下(歩行者の場合は35km/h)
であれば衝突回避、被害軽減出来き、
停止するまで」ブレーキがかかります。

ホンダはカメラ式とレーダーセンサー式の両方で感知し、
警告音が出ます。

ホンダの衝突軽減ブレーキはボッシュが作っていて、
スバルのアイサイトは日立
トヨタはデンソーが作っています。

スポンサードリンク

低速衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能のシティブレーキアクティブシステム

誤発進制御機能は、オデッセイやステップワゴンなど、
高額なミニバンだけでなく軽自動車にも装備されて来ています。

軽自動車では同じホンダではNワゴン N WGNで、
スズキではワゴンRやスペーシア、ハスラー。
ダイハツではミライース、タント、ムーヴです。

ホンダ(フィットFIT)では、誤発進制御機能は、
低速域衝突軽減ブレーキとセットで、
シティブレーキアクティブシステムというオプションになっています。

低速域衝突軽減ブレーキは5km/h〜30km/hで反応します。
誤発進抑制機能は10km/h以下の走行で、
正面に傷害物がありながらアクセルペダルを踏んだ場合に、
抑制し衝突の軽減をはかります。

アクセルとブレーキの踏み間違えは、
停止させようと思いっきり踏み込んだ時に
思いっきりアクセルを踏むので、大きな事故になってしまいます。

さらに、シティブレーキアクティブシステムと、
前席用i-再度エアバッグシステムサイドカーテンエアバッグシステムで、
あんしんパッケージというオプションもあります。FIT

後付けは難しいものですが、フィットで
オプションでは選べるようになっています。

維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。
>>自動車保険一括見積もりサイト

自動車保険が安いだけでも生活が楽です!

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!



スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ