カーシェアリング チャイルドシートは レンタカーと違い


15分単位で車を借りられるカーシェアリングは、
ジュニアシートは装備されているもののチャイルドシート
自分で用意するところが多いです。オリックスやタイムズプラスなど。
カレコは一部でチャイルドシート装備も始めましたが、
レンタカーはチャイルドシートも一緒に借りられるので
月齢で使い分けるのも手かもしれません。

スポンサーリンク

カーシェアリングでチャイルドシートは

カーシェアリングとは、24時間車を借りれて返せる
サービスです。
15分単位の料金で、ガソリン代も込みなので、
細切れに使う人にはレンタカーよりも安くお得感があります。

各社ジュニアシートは装備されていますが、
チャイルドシートは自分で用意します。

家から、車をかりるまでの道、
チャイルドシートに乗せる子供と、チャイルドシートを
持って行くのは少し大変です。

カーシェアリングチャイルドシート オリックスの場合

オリックスの場合、
チャイルドシートは会員様自身でご用意お願いします。
*装着不具合によるケガ等については一切責任を負いかねます。とあります。

ジュニアシートは全車へ搭載されています。
年齢は3才〜10歳、体重15kg〜36kg、
身長100〜138cmです。

子供が3歳になると、カーシェアリングのメリットが増えそうです。

タイムズプラス カーシェアリング チャイルドシート

タイムズプラスでは
ジュニアシートは標準装備になっています。
年齢の目安は4歳〜10才
チャイルドシートの貸し出しはしていません

カレコはカーシェアリングにチャイルドシート初導入

カレコはチャイルドシート導入を始めました。
ジュニアシートは全車標準装備で、
チャイルドシートは搭載車両が増えました。

一部のステーションでチャイルドシート付き車両が借りられます。

スポンサードリンク

東京都 渋谷区代官山、神泉、広尾
世田谷区桜新町、港区田町芝公園
品川区五反田、南品川、不動前、
目黒区中目黒東、中目黒西、目黒、江戸川区葛西

神奈川県川崎市中原区、武蔵小杉 川崎市宮前区、宮崎台
埼玉県さいたま市中央区、南区、武蔵浦和、さいたま新都心 
川口市川口駅東口、

千葉県船橋市南船橋

など一部の都心部です。

都心は駐車場料金が月額3万とか、地方の家賃並みに高いので、
都心の人ほどカーシェアリングは節約効果が高いです。

レンタカーはチャイルドシート借りられる

レンタカーを借りた時、小さい子供が2人いて、
チャイルドシートもレンタカーと一緒に2つ借りました。
チャイルドシートも月齢にあわせて選べました。
レンタカーならチャイルドシートもレンタル出来ます

ジュニアシートになったら、カーシェアリング。
チャイルドシートのうちは、レンタカーリースというのも
ありかもしれません。

細切れで使う人にはカーシェアが得で安いですが、
チャイルドシートを用意する必要がある場合は、
一緒にかりられるレンタカーの方が得かもしれません。

維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!



スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ