自動ブレーキ義務化 誤作動事故は?跡付けも 軽自動車トヨタ日産ホンダ


自動車の安全装置自動ブレーキ義務化でバストラックなど、各社導入が
進んでいます。メーカーや車種によっても性能に差があり、
時速30km超や自転車など二輪には反応しない、壁を先行車と間違うなど
まだ誤作動による事故もあります。自動ブレーキの後付けもあります。

スポンサードリンク

自動ブレーキ安全評価は トヨタ ホンダ 日産 軽自動車

自動車の安全装置、自動ブレーキの義務化の動きから、
各自動車メーカーも自動ブレーキ導入開発を始めています。

トヨタ車の自動ブレーキ

トヨタはカローラの上級車種で自動ブレーキを標準装備
にしました。

ダイハツ 自動ブレーキ

自動ブレーキと安全支援機能を改良し、
軽ワゴンのタントムーヴを搭載車に。

日産 自動ブレーキ

SUV(スポーツ用多目的車)エクストレイル
ハイブリッド車を追加、自動ブレーキに。

スバル富士重工 自動ブレーキ

レガシィアイサイトを搭載。
*アイサイトは人間の目のように2つのカメラが前の車を
捉え、衝突追突しそうになると自動でブレーキかかる仕組みで
性能が高い。
国内販売は累計30万台数を超える。
レヴォーグー1位
SUVフォレスターインプレッサもトップ5位以内に。

ホンダ本田技研の自動ブレーキ

シティブレーキアクティブシステム
(低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能)
人がブレーキを踏むことを前提にした補助機能で、
止まるというよりは軽減で、
道路や天候速度によっては使用できないことがあります。
自社最高はオデッセイ
軽自動車Nシリーズにもホンダセンシングを搭載予定。
(エヌワンボックス)

スポンサードリンク

国土交通省のぶつからない車の性能調査によると、
ホンダや軽自動車はやや精度が低く、比較すると
車種による差は大きいです。
首位はトヨタのレクサス最上級セダンLS、
日産スカイライン、スバルのレヴォーグーの3車種が40点満点でトップ。

メルセデスベンツは調査不参加。

自動ブレーキ 誤作動事故は

マツダ車のブレーキ体験実験試乗会で、2人が重軽傷の事故。埼玉県。
時速30km速度を超えると作動しない動作条件を超える運転ミス、
失敗などまだ課題がある模様。

首都高速道路(東京葛飾区)でも、走行中のトヨタ車に
ブレーキがかかり後続車に追突される事故
レーザーが乱反射して割り込みと認識。
デメリット欠点危険性もあります。

三菱自動車の車も、トンネルの壁を先行車と認識して
ブレーキがかかる不具合が。

まだ、リコールなどあり完全ではありません。
先行車両のみで、自転車や二輪歩行者に対しては作動しないなど、
完璧な技術ではなく過信してはいけません。

大型トラックや大型バスから普及しつつありますが、
既存車(普通車)にはまだで緊急の必要性はないでしょう。
事故の際の責任の所在も明確にするのも今後の課題です。
安全性によって自動車保険料も割引になるなど影響も出てくるでしょう。

自動ブレーキ義務化で後付けできる?

新規車両に対しては義務化の動きが進んでいます。
トラックやバスなど。
(2013年から減税、2014年から条件付きで義務化)

継続車両に対しては、後付けの義務化は今のところありません。

後付けは、
モービルアイ530衝突防止システム
Mobileye
値段15万5000円
工賃3万5000円(乗用車)、
大型車は4万5000円程度。

エマージェンシーストップシグナル
急ブレーキ時に自動でハザードランプで知らせるも、
軽自動車にも標準装備やオプションで付けられつつあります。

自動ブレーキだけでなく自動運転技術もZMP社等で研究が
進んでいて、今後の車が楽しみですね。

自動ブレーキ付きの自動車の購入資金を作るには、
今乗っている車を一番高く売るのが早いです。
一番高く買い取りしてくれる業者はこちらで探せます。

>>中古車買取一括査定サイト

50万円の差がつくこともあります!

維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!




スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ