自動車引越し手続き 運転免許証 車庫証明書 車検証 自動車保険住所変更


自動車の引っ越しは運転免許証車庫証明書車検証自動車保険など、
住所変更が必要です。手続き場所は警察署陸運局です。自動車税納付書の送り先なので変更が必要です。
必要書類があれば本人でなくて代理人代行が可能なものもあります。

スポンサードリンク

車引っ越し手続き 運転免許証 車庫証明書 どこ時間

引っ越しをした時、最初にやると便利なのは、
運転免許証の住所変更です。

運転証明書は身分証明証として使えるので、
その後の各種手続きがすんなり進みます。

運転免許証の住所変更どこで受付 時間は

【変更場所】警察署(運転免許課)、運転免許センター
【時間】警察署 午前8:30〜17:00頃までの所が多いです。

【必要書類】

・運転免許証
・新住所が分かる住民票や健康保険証
・印鑑

【費用】無料 

基本は本人ですが、代理人(住民票が同じ)も可能です。

車庫証明書の取得変更

車庫証明書は引っ越し先の駐車場(新住所から2km以内)の登録です。
軽自動車は車庫証明が不要の地域もあります。

【申請先】警察署 午前8:30〜5:00頃までの所が多いです。

【車庫証明書の必要書類】

・自動車保管場所証明申請書(申請する警察署にあり)
・保管場所標章交付申請書
・保管場所の所在図、配置図

・保管場所使用権原疎明書面(自分の土地の場合自認書)
・保管場所使用承諾証明書(貸し駐車場の場合)

・収入印紙(窓口で購入)
・住民票または印鑑証明書
・印鑑

【申請手数料】約 2100円 + 標章交付手数料500円
(地域によって異なります) 

交付されるまでに3日程度かかります。

車検証どこで住所変更 陸運局へは代行ディラーに委託も

スポンサードリンク

車検証の住所変更

車検証の住所に自動車税の納付書が送られて来ます。
4月1日の車の所有者にかかる税で、5月頃納付します。

【期限】引っ越しから15日以内です。(罰則は50万以下の罰金)

【提出場所】陸運局・陸運支局です。

茨城県であれば、水戸と土浦のみです。
遠方の場合も手続きは本人でなくてよいので委任状を用意し、
ディーラーなど代理人に委託依頼することが可能です。代書屋

管轄の陸運局が変わる場合はナンバープレートも変更します。

【必要書類】

・自動車検査証
・申請書(陸運局・軽自動車検査協会にて)
・自動車税申告書(陸運局・軽自動車検査協会にて)
・手数料納付書(印紙は陸運局で)
・自動車保管場所証明書(車庫証明書 警察署発行から1ヶ月以内)
・新住所の証明書住民票など(発行後3ヶ月以内)
・印鑑

ETCにはナンバープレート情報が含まれているため、
ナンバープレートが変更になる場合、再セットアップが必要です。

自動車保険の住所変更

車保険販売店に連絡します。

スポンサーリンク

維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!




サブコンテンツ

このページの先頭へ