楽天カードの500円自転車保険 フリーケアプログラム無料プラン



楽天カード会員向けの保険があります。
補償範囲が狭い無料プランと、
追加500円で自転車交通事故での賠償も含む
同居の家族が対象の傷害保険があります。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

自転車保険を考えている人には、
楽天カードを持てば、
500円で賠償責任保険に入ることが出来ます。

>>楽天カードはこちら

また、公共料金の支払いでポイントをためたい人は、
nanacoカード楽天カードJCBでチャージをし、
nanacoカードで税金公共料金をセブンイレブンで支払えば、
税金の支払いで楽天ポイントをためることが出来ます。

楽天カード無料プラン フリーケアプログラムって

楽天カードを持っていると、無料の保険の案内が届きます。
楽天カード株式会社を団体契約者とし、
チューリッヒ保険会社が引受会社です。

無料プランの補償範囲は狭いです。
入院保険金(一時金)の支払い条件は、
・交通事故
・駅の構内など改札口の内側で被った事故
・乗り物の火災による事故
である、かつ、5日以上の入院です。(180日以内)

配偶者親族を含まない、本人限定です。
この条件を満たすケースは少ないと言えます。
3年経過すると自動的に解約になります。

この無料商品は、ビジネスでいうところのフロント商品であると言えます。
フリー戦略ともいいます。

例えば、ゲームは無料で、武器やオプションが有料のものは、
有料商品を売るために無料商品を配布しています。
これも、月額500円の追加補償への第一歩的な保険です。

楽天カード 500円追加補償プラン 普通障害保険

保険の引受会社はチューリッヒで、
補償内容は、

・賠償責任保険金額最高1億円
 賠償責任危険補償(示談交渉サービス付き)

・入院保険金日額 5500円
・手術保険金額 最高55000円
・月払掛け金保険料 500円

自転車事故による賠償責任、
子供がボール遊びして駐車場の車に傷をつけたなど
に使え、本人のほか、
同居の家族別居の未婚の子供も対象です。

近年自転車事故や子供の行いへの保護者への賠償などがあります。
個人賠償責任保険(日常生活賠償)などは、
自動車保険や火災保険にも付けることが出来ます。

付けている人は重複しますが、
付けていない場合、
三井住友海上の日常生活賠償は月額1700円程度かかりますが、
これは500円なので、値段で比べると安いといえます。

チューリッヒのこの保険は支払われない条件に、
重大な過失による場合とありますし、
チューリッヒが同意した訴訟費用弁護士費用とあるので、
他の会社の個人賠償責任と支払い条件は異なります。

楽天カード以外の提携カード 傷害保険 スーパー自動車保険

楽天カード以外でも、案内が届くようです。提携企業一覧

【傷害保険】

イオンクレジットサービス イオンカード
エポスカード(丸井)
アメリカン・エキスプレス・インターナショナル

三井住友カード 三菱UFJニコス
楽天銀行 楽天カード  楽天証券
新生銀行 スルガ銀行 静岡銀行 広島銀行 福岡銀行
静銀セゾンカード りそなカード

ユーシーカード ライフカード
カルチュア・コンビニエンス・クラブ(Tカード)
クレディセゾンカード ジェーシービーJCB シティカードジャパン
ジャックスカード
セブン・カードサービス セブンCSカードサービス

出光クレジット ブリヂストンサイクル
エムアイカード 京阪カード コメリキャピタル
ゆめカード イズミヤカード 井筒屋ウィズカード
オーシー オリエントコーポレーション

ダイエー ニッセン セシール
髙島屋クレジット 東急百貨店 東武カードビジネス

JALカード 楽天トラベル 東京クレジットサービス
日専連ファイナンス全日信販 日専連ベネフル
ニフティ ビッグローブ

ロイヤリティーマーケティング(Ponta)
ポケットカード(ポケットカード,ファミマカード

セディナ(OMCカード,CFカード)
ゼビオカード UCS KCカード JFRカード
ヴィクトリア ペルソナ ほくせん(NCカード)

【スーパー自動車保険】

クレディセゾン イオン保険サービス 楽天
ジェーシービーJCB KDDI

三菱東京UFJ銀行 八十二銀行 出光クレジット
ダイレクト保険サービス アドバンスクリエイト
ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング
保険総合研究所 ANAファシリティーズ JALUX保険サービス

維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。
>>自動車保険一括見積もりサイト

自動車保険が安いだけでも生活が楽です!

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!



スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ