自動車相続の名義変更に必要書類や期限は?売却廃車放棄解体の場合


車の相続は、少し複雑ですが、相続しないつもりでも、
名義変更しないことには、廃車や売却もできません
期間が経つことで、書類の取得が難しくなり、より煩雑になります。
時間が過ぎると、税金だけは止めてもらう、
抹消登録は出来ない(ナンバーは外して解体)などとなってしまいます。

車の相続 名義変更死亡の場合の必要書類 期限

車の持ち主が死亡して車を相続する場合に必要な書類は、
相続する人が1人(単独)の場合、

戸籍謄本・除籍謄本 死亡者(被相続人)のもので
相続人全員の記載があるもの。
・印鑑証明書 単独相続する人のもの。(発行から3ヶ月)
・委任状 単独相続人の実印を押した委任状
・自動車検査証(検査有効期限あり)
・自賠責保険証
・手数料証明書(登録印紙500円)
・移転登録申請書(OCRシート)
・自動車税申告書
・車庫証明書(場所が変わる場合)

共同相続の場合は、
・遺産分割協議書(相続人全員の実印)が必要。

相続が複雑な場合などは、陸運局(陸運支局)等に問い合わせます。

相続税の期限は、死亡を知った翌日から10ヶ月以内です。

自動車の相続名義変更しないで売却廃車放棄査定したい場合

車を相続しないつもりの場合も、廃車など手続きのため、
一度相続手続きをする必要があります。

その際、注意が必要になるのは、故人の車の名義です。

名義は本人とは限らず、自動車販売店であったり、
ローンで購入した場合はファイナンス会社所有者になっている
ケースがあります。
自動車販売店やクレジット会社が名義だった場合はそちらから
必要書類一式を発行してもらいます。

■車の名義を確認する方法
車検証を確認します。
車検証が見つからない場合は、
登録事項等証明書(現在証明)を運輸支局(陸運部)か
自動車検査登録事務所で取得し所有者を確認します。

相続の車を解体する場合 必要書類

・戸籍謄本または除籍謄本
・貴族の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内の有効)
・遺族の実印 ・車検証
・前後のナンバープレート2枚
・解体証明書

行政書士に依頼することもできますが、
廃車買取業者に依頼する場合は、
譲渡証(実印付き)が必要です。

車は、事故車や不動車、16年経過車でも
売れば1万円程度にはなります。

中古車買い取り会社は、買った車を、
中古部品として使用したり、鉄くずとして売る、
修理して代車として使用するなど、
動かない車でもお金になるからです。

複数の店に見積もりを出したら故障車が1万円になりました。
追加費用はかからず、自動車税自動車重量税自賠責保険)が
還付されました。

>>中古車買取一括査定サイト
今乗っている車は思いがけない高値がつくことがあります。

維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!




スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ