自動車保険相場 年齢10代20代50代60代70代高く


自動車保険は18歳から20代の若い人ほど高く、
年齢や等級が上がるにつれて、安くなって行く傾向にありました。

近年は、
若者の車離れや高齢者の事故などで、
自動車保険全体が値上がりしています。

特に若者や50代60代 高齢者が値上がりしています。(主に国内損保)

インズウェブ自動車保険一括見積もり

自動車保険相場 年齢 10代20代は高い

自動車免許を取り立ての18歳19歳の10代や20代は、
40代に比べ、スピードを出して走るなど事故率が高いこともあり、
自動車保険料が高いです。

■年齢別の見積もりの1例

・年齢を問わず 178,490円 (←10代はここに該当
・21歳以上補償 104,890円
・26歳以上補償 78,580円
・30歳以上補償 77,170円
・35歳以上補償 71,320円

このように10代20歳は保険料がとても高いです。
21歳になると、10代の頃の6割程になります。

自動車保険相場 年齢 30代40代は安い

運転にもなれ事故率の低い40代は一番保険料が安いです。
40代にターゲットを絞ったおとなの自動車保険も40代は安いです。

SBI損保のように26歳以上は保険料が変わらないところもあれば、
35歳以上で保険料が変わってくる自動車保険会社もあります。

その場合、35歳を過ぎるとまた安くなるので、
誕生日が来たら契約条件の変更をするのがおすすめです。

損害保険は満期を迎えなくても契約内容の変更が可能です。

自動車保険相場 年齢 50代60代70代は値上がり

無事故の50代60代は20等級になっている人もいることでしょう。
自動車保険は6等級から始まり、毎年1等級上がっていき20等級まで上がります。

今まで50代60代は安かったのですが、
近年改訂されて値上がりしているところもあります。

例えば三井住友海上だと、
50代(50~59歳)で2.5%、70代(70歳以上)では6.5%、
従来の保険料より値上げとなりました。

運転者年齢条件だけでなく、
記名被保険者年齢別料率区分も変更されより細分化されています。

家族が車に乗る場合、記名被保険者の年齢によっても保険料は変わって来ます。
記名被保険者の年齢が関係ない自動車保険会社もあります。
20代50代60代でも高くならない車保険もあります

>>自分にとって安くなる自動車保険はこちらで探せます

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!




維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

サブコンテンツ

このページの先頭へ