倍額条項 人身傷害補償保険 自動車保険会社によって違いが | 安いおすすめ自動車保険 相場と平均は

倍額条項 人身傷害補償保険 自動車保険会社によって違いが


人身傷害保険では、重度後遺障害(要介護)の場合に、
保険金額が2倍支払われるという倍額条項があります。
自動付帯の自動車保険会社が多いですが、
特約で付けられたり、無しだったりと損保によって対応は異なっています。

スポンサードリンク

人身傷害保険の倍額条項って何?

人身傷害補償の倍額条項とは、重度後遺障害になった時に
保険金が倍額支払われるという条項で、
保険金が5000万円であれば、倍の1億円になります。

死亡時より後遺障害の方がお金が必要ということから、
介護が必要で、重度の後遺障害の時に金額が2倍になります。

自動付帯になっているところの方が多いですが、
リスク細分型やネット通販車損保では、ないところもありました。
指摘を受けて付帯されるようになったところもあります。

倍額条項の無かった損害保険会社 その後の対応

■チューリッヒ
2014年4月1日以降あり
バイク保険も同様に2014年4月1日以降契約より適用です。
重度後遺障害がありかつ介護が必要と認められる場合で
無制限以外の時に保険金額の2倍が支払われます。

■アクサダイレクトの対応
アクサダイレクトでは過去に倍額条項がついておらず、
2013年8月(予定)から付けられるよう商品改定を進めると発表しました。
今では倍額条項ありと記載されています。

■セコム損害保険の対応(SECOM)
2013年4月1日始期より倍額条項を導入

■三井ダイレクト
保険金額を限度に支払いの記載
倍額支払なしh23.7月

■AIU保険 
保険金額を限度に支払い
無保険自動車との事故の場合で無制限の場合2億円を限度
倍額条項なしh22.10月

重度後遺障害の倍額条項の各自動車保険まとめ

スポンサードリンク

倍額条項自動付帯

・あいおいニッセイ同和損保(タフクルマの保険)
・アクサダイレクト
・朝日火災海上保険(ASAP)
・イーデザイン損保
・共栄火災海上保険(KAPくるまる)
・セゾン自動車火災(おとなの自動車保険)
・全労済(マイカー共済)
・ソニー損保
・損保ジャパン日本興亜
・そんぽ24
・東京海上日動火災(トータルアシスト)
・日新火災海上保険
・富士火災海上保険
・JA共済連
・SBI損保

倍額条項 特約で付帯

三井住友海上火災(GKクルマの保険)

倍額なし

・セコム損害 h23.4時点
・三井ダイレクト h23.7時点
・AIU保険 h22.10時点

維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!



スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ