4年落ちの中古車は買った1年目に全額経費で落とせる? 軽自動車は


車を事業で使う場合、車の購入費を経費として利益から引き、課税額を減らせます。
新車の法定耐用年数が6年なら6年かけて取得価格を経費にしますが、
4年乗った(4年落ち)の中古車は買った年に全額経費で落とせます。
個人事業主など儲かりすぎた時に4年落ちの高級車など買うと節税が出来ます。

スポンサードリンク

4年落ちの中古車 税金節税

新車の法定耐用年数は6年です。
例えば、400万円の新車のクラウンを買った場合、
400万の取得価格を経費にするのに6年かかります。
ところが、400万の中古車のレクサスを購入すると、
1年で400万を経費にすることが出来ます。

個人事業主は会社員と違い固定給でないため、
利益が出過ぎたり、収入が激減したり、変動があるものです。

あまりに利益が出過ぎると消費税納税事業者になったり、税金が跳ね上がります。
所得を調整出来るのは経費です。
儲かった時は経費を使い、所得を下げ、
赤字になりそうな時は経費を絞ります。

利益が出過ぎた年に、中古の高級車や外車、
ベンツ、アウディ、bmw、レクサス、ボルボ、
プリウス、フィット、など
4年落ちの車両を購入すると全額利益から引くことが出来ます。

厳密には4年でなく、3年10ヶ月経過した車なら月単位の端数切り捨てにより、
耐用年数が2年になり、焼却率が定率法で1.000%になり全額消却できます。

中古車の減価償却 軽自動車 一括できる?

スポンサードリンク

軽自動車の耐用年数は4年です。
では5年落ちの軽自動車を買った場合はどうなるか。

中古資産の耐用年数=法定耐用年数×0.2なので、
4年×0.2=0.8年

耐用年数が2年に満たない場合は耐用年数2年になります。
耐用年数が2年であれば、
定額法0.500定率法なら1.000となり全額経費が可能です。

法人の社用車も4年落ちは節税になります。

個人事業主1年目で確定申告に行き、税務署で
4年落ちと思われる車について、一括で消却できますか?と質問したところ、
2年でお願い出来ますか?」と言われ2年で消却しました。
新車より早く経費に出来ました。

自宅で仕事する事業主の場合

自宅で事業をしている場合、
例えば、家の4割を事業、6割が住居であれば、
車の4割、ガソリンも4割を経費にすることが出来ます。
4年落ちであれば、車購入の値段全額の4割が経費になります。
新車なら車購入料金の4割を6年かけて経費にします。

維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!



スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ