過失ゼロは自分の保険使えず示談交渉してもらえない?人身傷害と車両保険は使える?


もらい事故など自分に過失がない場合、相手の自動車保険から補償されます。
自分の保険は使わないため保険会社に示談交渉を頼めません
人身傷害保険や車両保険は自分の保険が使える場合があります。

スポンサードリンク

過失ゼロだと自分の保険は使えない?弁護士費用特約あれば示談交渉可?

自分が過失0の場合、相手に賠償責任があり、
相手が加入している自動車保険から支払いがされるのが一般的です。

ところが近年では、任意保険の加入率は約7割で、
自賠責保険のみで任意保険に加入していない人が約3割です。
特に若い人は任意保険が非常に高いので入っていない人が多いとのこと。
その場合は自賠責保険からの賠償になるわけですが。

相手が任意保険に保険に入っていた場合も、
自分の保険は使えないわけですから、示談交渉は自分で行うことになります。
個人、対、相手の保険会社です。

相手はプロですので、保険金を受け取るのが難しいことがあるそうです。
特に外資系損保などは、自社専任の弁護士がいて裁判が強く、
交渉が長引く傾向にあると損害保険代理店の人が言っていました。

代理店の人でも相手の損保との交渉が難しいのを個人がやるのは・・という場合は、
弁護士費用特約を付帯していると弁護士費用が300万まで負担してもらえます。

交通事故に詳しい弁護士を探すのが難しいこともありますが、
弁護士を探してくれるサービスもあります。

過失ゼロの車両保険 無過失事故に関する特約 等級ダウン無し

スポンサードリンク

車両保険に無過失事故に関する特約が付いていると、
自分の過失がなく車両保険を使っても等級が下がりません
ノーカウント事故として扱われます。

車両無過失事故に関する特約は、
代理店型では車両保険加入時に自動的にセットされることが多いですが、
通販型では珍しいです。(おとなの自動車保険についています)

ただし条件があり、
・車対車の事故であること。
・契約の車の運転者に過失が無いこと。
・相手の車の登録番号と相手の運転者の情報(住所氏名)が分かること
(車両新価特約、車両全損時修理時特約、車両身の回り品補償を使わない場合)

過失0でも過失割合に関係なく使える人身傷害保険

過失割合に関係なく使えるのが人身傷害保険です。
過失0でも自分の過失100でも使えます。

例えば、自分が3000万の被害にあい
過失割合が自分:相手で3:7だった場合。

自分が過失3割の場合、
3000万×相手の過失0.7=2100万が相手から補償されます。

自分が過失割合70%の場合、
3000万×相手の過失0.3=900万が補償されます。

ですが人身傷害保険なら3000万補償されます。

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!




維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

サブコンテンツ

このページの先頭へ