対物賠償保険に免責金額 上限は無制限に 対物超過費用は必要?


対物賠償責任保険は、相手の物への賠償です。
相手が高額商品を積んでいたとしても、無制限であれば示談交渉を保険会社にやってもらえます。損害額が補償額(時価)を超えてトラブルになるのを回避するには対物超過費用特約が使えます。

スポンサードリンク

対物賠償責任保険の掛け金は上限なしの無制限に

対物賠償は2000万や3000万も選ぶことができます。
無制限との保険料の差は年間数百円程度です。

対物賠償は無制限がおすすめです。

衝突した相手が高額な商品を積んでいた場合など、
数千万をいとも簡単に超えてしまうケースはあります。

そんな時、対物3000万だった場合、
損害保険会社は、3000万を支払いすることしか出来ません。
超えた分の示談交渉は保険会社にやってもらうことが出来ないのです。

保険とは、自分で支払えないものを補償してもらうものです。
その他手荷物補償など細かい特約は外しても対物は無制限にするのがいいでしょう。

対物賠償は免責金額が付けられる 使えば等級はダウン

対物賠償責任保険は免責金額を設定することが出来ます。

免責とは、保険を使わずに自腹で支払う金額のことです。

免責5−10とは、1回目の事故は5万円は保険を使わず自己負担、
2回目は10万は保険を使わず自腹の意味です。

免責を付けることで、保険料は安くなりますが、
保険を使った時点で、3等級ダウンします。

車保険を使わなければ等級は下がりません。
車両保険であれば、最大でも時価なので、
等級を下げたく無ければ自動車保険は使わずに修理するという選択もありますが、

対物の場合、保険を使うとなったら使うと思い、
自分の場合、免責は設定していません。

対物賠償は無制限にしつつ保険料は少しでも押さえたいならば
免責金額を設定すると安くなります。

対物超過修理費用補償特約は必要?

スポンサードリンク

対物超過修理費用特約とは。

対物賠償とは、相手の物に対して、時価で補償します。

相手の車を廃車にしてしまった時、相手の車の時価が80万であれば、
賠償責任は80万円です。
修理費などが80万を上回っても、法律上は80万のみ支払えばいいことになっています。

時価50万で修理費が90万だった場合なども、
50万のみ支払えばいいことになっています。
それが原因のトラブルは結構多いとのこと。

そんなとき、対物超過費用特約を付けていると、
時価50万で修理費が90万でも90万まで保険で支払いされます

義務ではないので、保険料節約のために付けないのもありです。
対物超過費用は月額100円程度です。(某代理店型自動車保険で見積もり)

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!




維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

サブコンテンツ

このページの先頭へ