兵庫県で自転車保険義務化 罰則は無し TSマーク自転車保険


自転車保険の加入が兵庫県で義務化されました。
ひょうごの県民自転車保険個人賠償責任保険
自転車整備時に加入出来るTSマーク自転車保険など、
自転車保険はいくつかあります。

スポンサードリンク

兵庫県で自転車保険が義務化 2015/4月

兵庫県では、
自転車の購入者に保険の加入を義務付ける条例案が通りました。
自転車が歩行者に対し、多額の賠償が発生するケースがあるためです。
罰則はなく、努力義務の扱いです。

2015年4月1日施行、10月1日から保険加入を義務化。

兵庫県では自転車保険の加入率は24%

過去には、60代女性が自転車ではねられ寝たきりになり、
少年の保護者に9500万円の賠償を命じられる判決が出たことがあると。

子供が自転車に乗る時は、車とぶつからないか、
被害者になることを心配しがちですが、この条例にもあるように、
自転車が加害者になるケースが増加しているとのこと。

兵庫県にも県民共済はありますが、被害者になった時の補償はあっても、
加害者になった時の賠償が付きません。自動車保険はに特約を付けることで、
加害者になった時の補償が出来るものもあります。

自転車保険 県民共済では不十分?

兵庫県にも兵庫県民共済があります。

県民共済の生命共済 こども型(子供型)は、
ケガ、通院、日帰り手術、後遺障害、死亡、重度障害などの際に
保険金がおります。

第3者への損害賠償は、1事故につき支払い限度100万円です。
(1000円は自己負担)

これだと、自転車に乗っていて加害者になった時に、100万円では足りません。

自動車保険や火災保険に加入していれば、
個人賠償責任特約を付帯することで、
同居の家族が他人に対しての賠償責任が補償される個人賠償責任特約もあります。
保険料は安めです。

弁護士費用や示談交渉については、付いている会社と付いていない会社があります。

ひょうごの県民自転車保険

スポンサードリンク

ひょうごの県民自転車保険の幹事引き受け保険会社は損保ジャパン日本興亜です。

それとは別に68才までが対象の自転車を運転中の保険、
THE傷害総合保険 いちおしくん という自転車保険も含める
日常生活の保険があります。

パーソナルプラン(個人)2000円〜
お子様プラン 2000円〜
カップルプラン 3000円〜
ファミリープラン 4000円〜

他人への賠償では個人賠償責任が付いています。
法律上の賠償責任を補償
示談交渉サービス付き(国内に限る)

70才〜89才までの自転車運転中の保険は
傷害総合保険 まも〜るプランがあります。

月々の保険料は1370円〜となっています。

TSマークの自転車保険 TSマーク付帯保険

日本交通管理技術協会から認定された
自転車安全整備士店で整備点検を受けるとTSシールを受け取れます。

自転車を購入や整備の際
「自転車保険に入りますか?」といわれ、はいと言うと、

TSのロゴマークの入ったシールを貼られたことのある人もいるかもしれません。

TSとはTraffic Safety交通安全の意味で、このシールは
自転車点検整備済みを表すと同時に、

傷害保険と賠償責任保険が付帯される仕組みとなっています。

有効期間は1年間です。

補償内容は、

青色TSマーク
整備費保険料1500円
死亡・後遺障害(1〜4級)30万、入院1万 

赤色TSマーク
整備費保険料2000円
死亡・後遺障害(1〜4級)100万、入院10万

このように、 自転車保険といっても、

ひょうごの県民自転車保険から、
民間の自転車保険、
自動車保険や火災保険などに付けられる個人賠償責任保険
自転車整備時に加入出来る、TSマーク自転車保険など、
種類があります。

維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!



スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ