軽自動車税 税制改正で増税 13年中古車も エコカー減税2015年4月


軽自動車の自動車税が増税になります。
税金だけが安かった軽自動車が増税です。
軽自動車は燃費や維持費が安いというより税金が安かったのです。
13年を過ぎた中古車も増税です。2015年4月の自動車税から値上がりです。

スポンサードリンク

軽自動車 13年経過の中古車の自動車税 増税 値上がりに

毎年4月1日に車の所有者に課税される自動車税が値上がりです。
軽自動車が対象です。

軽自動車は維持費が安いと思われていますが、
実際は特に燃費がいいわけでも、
車体が安いわけでもありません。

車体は普通小型車の方が安いこともありますし、
軽自動車は660ccと馬力が無く、近年内装が豪華で車体が重く
エコカー認定される軽自動車は少なく燃費もいいわけでもありません。

安いのは税金で、税金は小型車に比べ格段に安かったです。
そのため、軽自動車は人気があり車体の値段が下がらない
値崩れしない、高く売れるという利点もありました。

今回の改正で軽自動車の自動車税は、
7200円が10800円に値上がりします。

2015年4月1日の軽自動車の所有者に対する税金から値上がりになります。

新車の新規検査から13年を経過した自動車に対しても増税が行われます。
7200円が12900円に値上がりです。経年車中古車

車種:軽自動車および小型特種自動車自家用

業務用については、5500円が8200円に増税です。

軽自動車税 納税証明書は何に使う 滞納は

スポンサードリンク

軽自動車の納税証明書は車検の時に必要です。
滞納や分割納付をしたとしても、車検までに支払いを済ませなくてはなりません。

分割やクレジットカード納付については、
自動車税を納付する市町村によって対応が異なるので、問い合わせてみるとよいでしょう。

エコカーは減税に 自動車グリーン化特例 電気自動車

軽自動車や13年超えた自動車は増税になりましたが、
エコカーは減税になります。

エコカー減税

自動車取得税自動車重量税が免税になるのは、

電気自動車
・燃料電池自動車
・プラグインハイブリッド車
・クリーンディーゼル車
・天然ガス車など 

・平成32年度燃料基準達成
・かつ平成27年度+20%達成車

自動車グリーン税制

自動車税が75%減税になるのは、

・電気自動車
・燃料電池自動車
・プラグインハイブリッド車
・クリーンディーゼル車
・天然ガス車など 

・平成32年度燃料基準達成

このように、軽自動車や古い自動車など燃費が良く無い車は増税となり、
燃費のよいエコカー、電気自動車などは減税になっています。

車を購入するのであれば、燃費のいい車を買うのがおすすめです。
16年経った車でも1万円で売れたので、中古車廃車でも査定してみるのがおすすめです。

維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!



スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ