自動車保険 車両保険の免責金額おすすめ 免責0特約必要? 


車両保険の免責金額とは、修理時に自腹で支払う金額のことです。
10万と多く設定すると保険料は安くなりますが、
修理費用によっては自己負担も発生し等級も下がるという微妙で損な結果になるので注意が必要です。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

車両保険の免責金額とは?免責ゼロ特約ってなに?免責0特約

車両保険とは、自分の車に対する補償で、
時価が60万の車であれば、60万までが補償されるのが車両保険です。

ここに免責5を付けると、修理費が8万円だった場合、
5万では自腹で支払い、はみ出た3万は車保険で修理する扱いになります。

免責5−5とは、1回目も2回目の修理も5万円自己負担、という意味です。
免責0−10は、1回目は全て保険で修理して、2回目は10万は自己負担で修理の意味です。

免責10ー10など、1回目も2回目も10万に設定すると自動車保険(車両保険)は安くなります。

自動車保険会社によっては、初期設定が免責5−10で、
免責0特約(免責ゼロ特約)を付けることで、
免責を0にすることが出来る保険会社もあります。

自動車保険の免責金額のおすすめは?

自己負担で10万円支払い出来る人は免責10万にすると
保険料が安くなるのでおすすめです。

免責金額を多く設定すると車両保険は安くなります。
その分修理をする時に自己負担額が発生します。

免責0で自己負担を無いからと、自動車保険を使って修理をすると、
翌年から3等級ダウンし、
事故有り料率が適応されて自動車保険がとても高くなります。

10万程度の修理費であれば、自動車保険を使わずに修理をした方が
保険料も上がらず、維持費は安く出来るといえます。

例えば、免責10万で修理費が9万だった場合、
10万までは保険を使わないため、自分で9万円支払います。
保険を使わないので等級は下がらず保険料の値上がりはありません。

免責0で、修理代9万円を自動車保険で支払った場合、
自動車保険の等級は3等級下がり事故有り係数が適応されて翌年以降の保険料は高くなります。

事故有り料率は3年程度適応されますし、今後ずっと
保険を使わなかった場合より3等級下がったままの保険料と高くなってしまいます。

10万では自己負担と決めることで車両保険は安くなりますが、
修理費が20万円だった場合、
自己負担は10万かかるし、等級は下がるし、
どうせ等級下がるなら、免責0で20万保険で払ってもらった方が良かったって思いますよね?

免責は修理費によっては微妙なものですが、
免責を付けるだけで自動車保険は安くなります。

*免責5万増やしたら月600円位安くなりました。

5万払えるなら免責5、10万払えるなら免責10、
車両の時価が払えるなら車両保険なし。
これで保険は安くなります。
車両保険に免責0なら時価は保険で補償されます。

貯金額や車両の時価、修理代によっておすすめは変わって来ます。

免責0−0 免責0−10 5−10 10−10 メリット デメリット

免責0−0であれば、車の修理をしても自己負担は発生せず、
全額自動車保険で修理可能なことはメリットです。
ただし、保険料が高いというデメリットがあります。

免責10−10は1回目も2回目も10万円は自己負担なので、
1年に2回事故で修理をすれば20万は必要になります。
ただし、車両保険は安くなるのがメリットです。

2回も保険を使わないと思える人は0−10 5−10など、
2回目は免責10にして保険料を下げてもいいでしょう。

免責を10万にしたからといって、
10万超えたら保険を使わないといけないわけではありません。

修理費20万を自己負担にして、自動車保険を使わず等級を守ってもいいのです。
自動車保険を使うと後の値上がりが大きいので、
車の時価なら貯金でなんとかなる人は車両保険を外してもいいのかもしれません。

維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!



スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ