自動車保険長期契約 解約で等級は ゴールド免許はメリットデメリット


自動車保険の更新時、代理店ディーラーから長期契約3年をすすめられることあります。
前々回の車検時の長期契約の説明ではメリットが多いと感じましたが、
状況は近年でまた代わり、デメリットに感じることも出て来ました。

自動車保険の長期契約 途中解約すると等級はどうなる?

長期契約期間中の自動車保険ですが、会社変更には注意が必要です。

A損保からB自動車保険に変更(解約して再契約)する際に、
数時間でも無保険期間があると、等級は6等級に戻ります

せっかく無事故で1年過ごし毎年1等級ずつ上げて
保険料を安くして来たのが無駄になってしまいます。

自動車保険は契約期間内に契約内容の変更は可能です。

例)
・旅行に行く時だけ、運転者条件を変更する。
・搭乗者傷害保険をプラスする、

など、日割りで契約内容を変更できるのが自動車保険(損害保険)です。
(生命保険は審査があるのですぐに変更できません。)

会社を変える時は注意をしましょう。

解約時期について、
満期前に解約すると、等級があがらず、
同じ等級でまた1年過ごすことになります。

満期後が解約日だと、解約金(罰則金)はないものの、
満額が返ってくるわけではありません。(返戻金)

車保険 長期契約のメリットは ゴールド免許?

ゴールド免許の人が長期契約をすると、
途中でブルー免許になっても長期契約満期までゴールド免許契約で行けます。

また、
長期契約のメリットとされているのは、
等級が3年間は下がらない
です。

事故で車保険を使うと、1年契約であれば翌年3等級下がります。
長期契約であれば、等級が下がるのは3年後になります。

料率改訂前の安い料金まま3年契約できるのもメリットとされています。
(自動車保険は値上がりで年々高くなっています)

これまでは長期契約の方が1年契約を3回分より安かったのですが、

近年の改訂で、
長期契約満期時に、調整され後から請求されるようになった、と説明されました。
それでも8割のお客が長期契約3年で契約しているとのこと。
(三井住友ディーラーの話)

長期契約のデメリットとは?

長期契約は解約時期によっては、等級の引き継ぎが難しい
途中で廃車など解約する際に、満額が戻ってこない

など、デメリットもあります。

数年前の長期3年契約は1年契約を3回より、安かったのですが、
最近は安かった分は後から上乗せされるように変更されているなど、
メリットが減っている場合もあります。

会社によっては、今の料率のまま3年いける場合もあり、
安くて得なこともあります。

スポンサーリンク

維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!




サブコンテンツ

このページの先頭へ