対物超過修理費用補償特約とは必要?使える自動車保険会社は?


対物超過特約(対物超過修理費用補償特約)とは、
車の時価を超えた修理費も補償する特約です。
相手の時価30万の自動車の修理費が50万だった場合、
対物補償で支払われる金額は30万でそれ以上の支払い義務は無く、
もめるケースがあります。
特約があると相手に差額の20万を支払うことができます。

スポンサードリンク

対物超過費用補償特約って必要?

相手の車を故障させた場合、法律上の賠償金額は、車の時価です。

車両の時価は毎年下がって行きます。
車の値段や保険会社にもよりますが、
私が190万で車を購入した時、車両保険で補償される車の時価(価値)は
毎年10万ずつ下がって行きました。
問題なく乗れる車でも時価が60万でした。

時価が60万の時に相手の過失で自分の車が廃車になっても、
補償されるのは時価です。
同程度の新しい車の取得費用に120万かかったとしてもです。

その場合相手は自腹で修理をすることになります。
相手によってはかなりもめてトラブルになることが多いそうです。

事故対応をする保険会社としては付帯をすすめているところもあります。
時価を超えた分の補償義務はないので、絶対に必要というものではありません。

対物超過修理費用特約のある自動車保険会社は? 

スポンサードリンク

自動車保険会社は代理店型、通販型、外資系にかかわらず、
名称や内容に多少の違いがありますが、同様な特約があるところが多いです。

■ 東京海上 対物超過修理費用補償特約

■三井住友海上GKクルマの保険 車両超過修理費用特約

■あいおいニッセイ同和損保 対物超過修理費用特約

■ソニー損保 対物超過修理費用

■イーデザイン損保 対物超過修理費用補償特約

■チューリッヒ 対物超過特約

■三井ダイレクト 対物超過修理費用補償特約

■損保ジャパン日本興亜 相手車全損超過修理費特約

■おとなの自動車保険 対物全損時修理差額費用特約

■SBI損保 対物差額修理費用補償特約

■アクサダイレクト 対物全損時修理差額費用補償特約

■JA共催eサービス自動車共済 対物超過修理費用保障特約

この補償は相手に対して使えるものであり、
自分の車は自分が加入している車両保険でまかなうことになります。

スポンサーリンク

維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!




サブコンテンツ

このページの先頭へ