ホンダ車センシング搭載車種 性能機能 オプション価格は?


ホンダ車センシング搭載車種 性能機能 オプション価格は?
ホンダ車にセンシング機能が搭載されています。車種も増えています。
スバルのアイサイトとよく比較されますが自動ブレーキなどぶつからない技術などです。
センシングのオプション価格も車種によって違います。
口コミでも渋滞が楽など評判評価も高いです。

スポンサードリンク

ホンダセンシングの車種は

ホンダ(本田)でセンシングフェアが開催されました。
(2017年6月)

センシング搭載予定では、

newフィットが6月29日発売
ニューグレイスが7月6日登場 となっています。

honda sensing ホンダセンシング搭載車種は、

フリード、ヴェゼル、ステップワゴン、オデッセイ、ジェイド、
アコード、レジェンド
、などがあります。

シャトルにはまだ搭載されていません。
軽自動車ではn-boxに2017年秋搭載予定と言われています。
軽自動車では初となります。

ホンダ センシングの性能は

ホンダのセンシングの機能としては、

・衝突軽減ブレーキ(CMBS)
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・ACC(アダプティブ クルーズ コントロール)
・LKAS(車線維持支援システム)
・炉外逸脱制御機能
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
などがあります。

渋滞時は前の車にあわせる渋滞追従機能もアコードなどに搭載されています。

スポンサードリンク

スバルのアイサイトとよく比較されます。

アイサイトも
・ぶつからない技術
・ついていく
・はみださない
・飛び出さない
・注意してくれる技術
をそなえ、スバルオーナーの8割がアイサイトを選ぶや、
JNCAP予防安全評価で最高ランクなど評価されています。

アイサイト搭載車種もラインナップが豊富です。

XV、インプレッザiMPREZA、G4、SUVのアウトバック、
B4、LEVORGレヴォーグ、S4、フォレスター、
クロスオーバー7
などです。

ホンダ センシングのオプション価格値段

ホンダ センシングをオプションで付ける場合、
車種によって価格が異なります。
約10万〜は値段が高くなります。

ステップワゴンやオデッセイで約15万、
ジェイドで約10万です。

口コミや評判評価ではハイブリッドとの相性があまりよくない
という人もいます。

10万で事故の確立が減って渋滞の運転もしやすいなら
素晴らしいという声もあります。

マニュアル車でも運転できるような運転が上手な人なら
なくてもよいかもしれませんが、機能があることでぶつけずに済むのは
運転下手な人にとってはありがたいです。

友人のトヨタヴォクシーに乗ったとき、
車庫入れでぶつかりそうになるとサイレンがなり、
無事ぶつけずに車庫をでることが出来ました。

それで他の車にぶつけてキズを付けるなど防げるならいいと思えました。

スマートフォンもですが、機能が上がり値段が高くなってしまいます。
車もハイブリッドになりセンシングなど安全装置がついて
車両価格が上がっています。

維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!




スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ