自動車税は車検までに 分割納付クレジットカード電子マネー払いも 


5月は自動車税の季節です。
新年度にゴールデンウィークと出費がかさむ時期。

自動車税は4月1日時点での車の所有者に対して課税される地方税。

延滞すると利息がつき、車検も出来ず、給与を差し押さえも。
分納やクレジットカード払いは市町村によって違いますが出来ることが多いです。

スポンサードリンク

自動車税は分納 分割払いが可能?

自動車税の分割払い・分納については、
自治体によって違いがありますが、県税事務所に連絡をすると、
分割納入の振り込み用紙をもらうことができます。

クレジットカード払いには、対応している地方もあれば、
未対応なところもあります。

クレジットカード対応地方自治体一覧

一般に相談すれば、分納は可能で、
延滞金は1000円未満切り捨てです。

なので、自動車税が39500円の場合、
6月2日に9500円、7月2日に1万円、8月2日に1万円、9月2日1万円を支払えば
延滞金はかからずに4回払いに出来ます。

軽自動車の場合、1万円程度安いため、分割ではなく基本的に一括となります。
廃車にした場合の月割りにした還付金もありません。

分割納付時の注意点として、

車検を通すには、自動車税納税証明書が必要なので、
それまでには支払いを済ませましょう。

車検の時には自動車税とは別に、自動車重量税を納めます。

自動車税はクレジットカード払いが出来る ナナコの裏技

スポンサードリンク

自動車税のクレジットカード払いは、市町村によりますが、

コンビニのセブンイレブンで支払いの場合は電子マネーのナナコが使えます。

ナナコ(nanaco)の裏技としては、
クレジットカードでナナコにチャージするとクレジットカードのポイントが貯まります。

これは自動車税でなく、買い物の時にも使えます。

全てのクレジットカードではありませんが、
JCBなどはチャージでポイントが貯まります。

*ナナコで支払ってもナナコポイントは付きません。

Pay-easy(ペイジー)が使える、
ヤフー公共支払いでクレジットカードが使えるなど、
支払い方法はいくつかあります。

自動車税 延滞は差し押さえも

自動車税は延滞していると、
納付用紙と一緒に、財産、給与の調査をするという用紙が送られて来て、
給与差し押さえになることもあります。

また車検時には完納していないと、車検が通らずに、
車検時に支払う、自賠責保険や自動車重量税を納められないということにもなります。

自動車の取得価格が50万以下だと、自動車取得税がかからない(東京都)ので、

自動車取得税が払えなそうであれば、50万以下の自動車を取得する方法もあります。

まとめ

自動車税は4月1日時点での車の所有者に課税される地方税。

自治体によって、クレジットカード、分割納入、ペイジー、電子マネーナナコ
など、現金一括以外の方法があるので

車検までに完納しましょう。

維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!



スポンサーリンク


サブコンテンツ

このページの先頭へ