車10万キロの交換部品 費用は?車検時がおすすめ?


車は10万キロが交換目安となっている部品が沢山あります。
交換費用がかかる頃なので車を手放す人も増えますが、部品を交換することで安心して乗り続けることが出来ます。主な交換部品と費用を記載しています。

スポンサードリンク

10万キロ 交換部品 費用は

走行距離が10万キロを超えると、様々な消耗部品が出てきます。
車検などの定期点検のときに、消耗部品を交換すると、工賃などが安くなるので費用を抑えることができます。
消耗品の交換部品の主なものとして、まずブレーキパッドがあります。
ブレーキパッドの交換費用は1万円前後です。
安い自動車工場などでは8000円前後です。ただ、せっかく交換するのだから、この機会に高性能なブレーキに交換するのも手です。

ゴム関係、ベルト類なども交換部品としてあげることができます。
費用的にはそれほど高いものではないので、早めの交換がおすすめです。

また、サスペンションなども新しくすると劇的に走りが蘇りますが、サスペンションの交換は3,4万円前後です。

10万キロの交換部品 車 自動車

10万キロを目安に交換するべき代表的な交換部品としては、ブレーキパッド、タイミングベルト、オルタネーター、フューエルポンプなどが挙げられます。
これらが破損してしまうとエンジンがかからなったり、破損の原因となってしまいますので定期的に必要なメンテナンスを受けることが重要です。

スポンサードリンク

10万キロは車を乗り継ぐにあたっての一つの目安となるでしょう。
プリウスなどのハイブリッドカーやアルファード、エスティマといったミニバン、レガシイなどステーションワゴン、フィットやキューブなどのコンパクトカー、そして軽自動車と自動車の車種やカテゴリーは様々ではありますが、長い距離を走行することにより部品の消耗は避けられるものではありません。

10万キロ 交換部品 車検

国産車の耐久性は非常に高いですが、10年、10万キロ以上走行すると、さすがに消耗部品が出てきます。
まずゴムでできたベルト類の交換が必要になってきます。
走行距離が少ない場合でも、ゴムは年数が経過すると劣化します。

中でも、タイミングベルトが壊れると、エンジンの故障につながるので要注意です。ただし、最近のタイミングベルトは無交換でも大丈夫になってきています。

また、サスペンションなども交換すると乗り心地が良くなります。
毎日乗っていると気が付かないものですが、10万キロも走行すると、かなり足回りは固くなっているはずです。
説明書を見ると、10万キロ時点での交換部品について書かれてあるので、少なくともそれらの部品は、車検前であっても交換しておくと安心です。

維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!




スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ