10年落ちの車の価値 税金や車検 買う時の注意点は


日本では10年10万キロと言われますが、タクシーや社用車は20万キロ、
性能のよい日本車は10年落ちでも海外で人気です。
10年経過頃は交換部品が増え費用かかるため手放す人も多いですが、
メンテナンス次第ではまだまだ乗れます。メンテナンスや部品交換せずに乗るのは危険なので注意が必要です。

スポンサードリンク

10年落ちの車は価値がある?

10年落ちの車は一般的に査定価格が付かない事も多く、価値がないと考えられていました。
ですが近年では車に関する技術向上が目覚しいところがあり
その価値に対して評価が改められてきているとされており、
特に海外では人気の車種が多いことから状態によっては高額で買い取ってもらえるようになってきています。

そのため10年落ちの車でもまめにメンテナンスをしたり状態を維持しておけば買取価格が上がる事が増えてきており、査定価格がつかないと言うわけではありません。

また走行距離が長い場合はやはり査定価格が落ちやすいのですが、その場合でもタイヤやサスペンションなどの部品に価値がつくこともありますし鉄資源として再利用されることも多いので実は価値があると再認識されつつあります。

カーチスに査定してもらった時は、車体がきれいだと10年10万キロでも15万位で買取できるとのことで、凹みがあり錆びていた車もガリバーでは8万円で買ってもらえました。
車体190万のホンダのモビリオでもです。
カーナビが付いていたり、エンジンの状態がいいと価値があるようです。

10年落ちの車を買う

10年落ちの車を買うというのはしっかり車の状態を見抜く目があれば、むしろお買い得車が豊富にあるといえます。
日本では車の寿命が10年10万キロと言われていますから、どうしても10年落ちの車ともなれば価格は下がりがちです。
10年落ちともなればあちこちが劣化してくる時期であるだけに、手放すのにはちょうどいい時期ですが手入れをすれば日本の車というのはいくらでも乗り続けることができます。

スポンサードリンク

そのため、単純に10年落ちという理由で安くなっている車を見つけ出すことができれば、安く状態のいい車にのることができるという事になるのです。
10年落ちで安くなっているからと飛びつくと失敗をすることもあるので注意も必要です。
10年頃はタイミングベルトエンジンマウントなど部品交換にお金がかかる頃でもあります。
部品交換されている車はタクシーや社用車など20万キロまで乗ると言われています。

10年落ちの車 税金や車検

近年では、自動車関連の技術の発展などにより、自動車の耐久性は高くなっており、10年落ちの車でも問題なく利用し続けるケースが増えてきました。
車検についても以前とは違い、10年落ちの車であっても2年に1回でよくなりました。
ただし税金関係でいくと自動車税は新車登録から13年経過すると15%割り増しになります。

走行距離や、こまめなメンテナンスの状況にもよりますが、部品の劣化などにより多額の修理・交換費用が必要になる場合もあります。
結果として維持費が高くつくこともあり、それなら早いうちに下取りに出して新しい車の購入を検討する方がかえってお得という場合もあります。

税金があがる13年をひとつの目安として維持するか買い替えるか検討するのもありですが、13年で値上げするということは逆に13年を超えても乗り続けている人が多いことの裏返しとも言えます。
周辺では10年過ぎても乗っている人は何人もいますが、
登録から16年の車から煙が出た事例もあるので注意しましょう。
メンテナンスや部品交換せずに乗り続けるのは危険です!

維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>一番安い自動車保険が分かる

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!



自動車保険が安いだけでも生活が楽です!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ