車両保険 3等級ダウン 等級据え置き ノーカウント事故とは?


車両保険を使うと等級が下がり自動車任意保険が値上がりします
翌年以降の値上がりを考えると車両保険を使わない方が安いことがあります。

・3等級下がるもの、
・1等級ダウン(等級据え置き)になるもの、
・ノーカウントで翌年等級が上がるもの
があります。

スポンサードリンク

車両保険 3等級ダウンになる事故とは?

車両保険を使って3等級下がる事故は、
1等級ダウン(等級据置き)やノーカウントを除き保険を使用した事故です。


・電柱に衝突
・自転車との接触
・当て逃げ(相手者不明)
・道路から転落、墜落など

主に運転者本人に過失がある事故です。

(車両保険一般型フルカバー オールリスク ワイドカバーで補償される)

スポンサードリンク

車両保険 等級据え置き 1等級ダウンになる事故とは?

車両保険は、飛び石によるフロントガラス破損など、
本人に過失がない事故は1等級ダウン(等級据え置き)になります。

かつては等級据置きだった事故は、
新ノンフリート等級制度(2013年10月改訂)以降、
多くの自動車保険会社で1等級ダウンになります。

以下、1等級下がり
翌年以降は事故ありの料率が適応
されます。

・盗難、
・いたずら、落書き、窓ガラス破損、
・台風、竜巻、洪水、高潮 など自然災害
・飛び石など飛来物、落下物と衝突によるフロントガラスなど損傷
・偶然の事故
・火災や爆発、暴力破壊行為 など

(車両保険 危険限定 限定A エコノミーで補償される)

車両保険 ノーカウントの事故とは?

・地震・噴火、津波を補償する特約、
車両全損時一時金特約を使った場合は、
等級が下がらず、翌年等級は上がります。

車両全損時定額払い特約

まとめ

車両保険を使うと、
3等級ダウン、1等級ダウンになり、
翌年からは事故ありの料率が適用され車保険料が上がります。

ノーカウントは翌年等級はあがります。

10万円なら値上がりを考えて車両保険を使わない方が得なこともあります。

スポンサーリンク

維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!




サブコンテンツ

このページの先頭へ