通販型自動車保険と代理店型車保険違い 事故対応デメリット


通販型自動車保険(ネットダイレクト)と代理店型自動車保険の違いは、
未婚の子供の扱いなど補償範囲が違います。
同じ通販型でも外資系と日本企業では事故対応も違っています。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

通販型自動車保険 ネットダイレクト損害保険

通販型自動車保険の反対は代理店型の車保険です。
新車を購入したディーラーなどが保険の代理店もやっていて
対面や電話で対応してくれるのが代理店型自動車保険です。

通販型にも、外資系と日本企業があります。

外資系ネット損保の事故対応 評判口コミ

ネット自動車保険には外資系と日系があり、
外資系は、チューリッヒやアクサダイレクトなどで、裁判が強いのが特徴です。
事故相手が外資系の車保険だと和解より裁判になることが多く、
保険金の受け取りに時間がかかると損保代理店をやっている人が話していました。
日系企業の保険会社同士の事故対応だと、適当なところで折り合いをつけて
和解するようですが、相手が外資だと納得行くまで裁判しましょうとなるようです。
外資系は示談代行サービスがついていたりします。

同じ日系損保でもダイレクト型自動車保険は安い?

通販型の日本企業は代理店型と同じ全国ネットワークを使っていたり、
日系代理店型に近いです。

・おとなの自動車保険(損保ジャパン日本興亜)
・イーデザイン損保(東京海上日動)
・三井ダイレクト(三井住友海上)
・ソニー損保(SONYグループ)
・SBI損保(SBIホールディングスとあいおいニッセイ同和損保とソフトバンク出資)など

通販型は、店舗を持たないため保険料が安いです。
ネット損保と呼ばれたりしますが、電話対応窓口があるので
インターネットが苦手でも電話が使えます。

同じグループでも会社によって安くなる条件が違います
走行距離が少ない人はイーデザインやおとなの自動車保険、
ソニー損保が安いです。
沢山走る人はSBI損保がランキングでも安いです。
年齢によっても、安くなる自動車保険会社は違います。

補償内容の見直しと会社の比較をしたら、年間40150円安くなりました。
自分が安くなる自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

今後もずっと払い続ける自動車保険が安いと負担が減ります。

通販型と代理店型日系大手損保の補償内容の違い比較 デメリット

見た目同じような補償内容に見えても、通販型は
補償内容が限定的なことがあるのがデメリットです。

別居の未婚の子供の補償範囲

日本の大手代理店型自動車保険では、別居の未婚の子は
年齢に関係なく補償されるケースが多いですが、
外資系ネット自動車保険では補償対象外となっています。

他人の車を運転 他社運転危険補償特約

他人の車を運転した時に自分の自動車保険を使えるかどうかは、
代理店型は補償対象ですが、通販型では利用できません。
他社運転特約が自動付帯になっていて、
日本の自動車保険に加入している人は、代車期間中も
自分の保険を使えることが殆どです。

時価を超えて補償 対物超過費用特約

相手の車を補償する際には、時価まで支払えば法律的には問題有りません。
ただ、時価30万円の車の修理費が100万円だった場合、
30万のみの支払だともめてトラブルになることが多くあります。
代理店型では対物超過費用特約で時価を超えて補償できますが
外資系ネット型では付帯できないことも。

まとめ

近年では、車両保険でも自爆は補償対象外になるなど毎年改定され、
補償範囲が減っています。(が、保険料は上がっています!)
あいおい損保や東京海上など代理店系大手は、
使わなそうな補償も自動付帯で保険料が高いです。
通販型はやはり安いので、保険料が数年間積み重なれば、
新車が買える値段が浮きます。見積もりはおすすめです。

スポンサーリンク

維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!




サブコンテンツ

このページの先頭へ