がん保険支払われない?ガンにお金いくらかかる?


ガン保険の受け取り条件は細分化されており、
がんになっても保険金をもらえないケースが多くあります。
早期癌、通院のみの治療、再発では貰えないことも。

スポンサードリンク

ガン保険 もらえない?

2人に1人ががんになると言われている時代、がん保険に加入しても
受け取り条件が難しく受け取れないこともあります。
がん保険に限らず、保険は規約の変更など途中で条件が変更される
こともあります。

国民生活センターに寄せられる内容は、
医療保険は1年間で1035件になっていて、
中でも癌保険に関するトラブルが目立つと言われています。
がん保険はすべてのガンに対して保険が支払われるわけではありません。

ガン保険 保障対象外の癌とは?

がん保険の保証内容は会社や時期によって約款によって変わりますが、
支払われないがんとして以下のものがあります。

ガン保険加入後90日以内は貰えない?

ガン保険には責任開始日があり、多くの保険会社では、
保険加入後90日以内に発覚した癌にたいしては保険金が支払いされません。

契約完了していて保険料は支払い開始していても、
加入後90日以内に発見されたガンに対しては保障されません。
保障されない3ヶ月の不填補期間を設定している会社が多いです。

がん再発も保険金が出ない

一度がんで診断給付金、手術給付金を受け取ると、
再発した時に「給付は一度限りです」と保険が出ないことがあります。
受け取った後も毎月ガン保険の保険料を払っていても受け取れません。
会社によっては、2年に1度のみ、5年後、と給付を制限しています。

スポンサードリンク

上皮内新生物(上皮内癌)はがん保険出ない

上皮内診生物とは、上皮内がんや上皮内腫瘍とも呼ばれます。
粘膜のような上皮内に留まっていて、転移や再発の危険が少ない早期のがんを言い、癌保険の対象外のことも。
(上皮内診生物と反対で、
転移や進化、再発の可能性の高いがんを、悪性新生物と呼びます。)

上皮内なのか悪性なのかの判断は微妙で、医師の診断によって異なります。
診断によって保険金が支払われたり払われなかったりします。

通院治療ではもらえない 入院が必要

契約内容にもよりますが、
がん治療を目的とした入院」が保険金受け取りの必要条件のものもあります。

手術をするか通院で放射線治療をするか、どちらかを選ぶこともありますが、
日帰りの通院治療で放射線治療を行っても受け取れない場合があるのです。

保険の病歴告知ミスでも対象外

保険に加入する際、過去の病歴や健康状態を申告します。
重い病気でないときそれくらいいいかな?と申告しないでいると、
「告知義務違反」扱いで支払い対象外となります。

胃潰瘍(いかいよう)程度でも申告が必要です。
3ヶ月以内の通院、5ヶ月以内の7日以上の薬処方など、
健康な人でもありそうな範囲でも申告が必要です。

ガンにお金いくらかかる?費用

ガンで必要になったお金のアンケート統計では、
50万程度が38%
100万程度が32%

約7割の人は100万円以内でなんとかなっています。
(入院食事交通費など含む)

高齢になってから加入すると掛け金が高いし、
若いうちからだと長く支払うことになります。
高額医療費は手続きで戻ることもあり100万〜の貯金でも何とかなる人も多いです。

維持費が安くなりました!

値上がりした自動車保険も、
会社と補償内容の見直しで年間40150円安くなりました!
自分にとって安い自動車保険はこちらで探せます。

>>自動車保険一括見積もりサイト

毎月の自動車保険が安いと生活が楽です!

車を安く買いました!

車の値引きを考えるより、
今乗っている車を高く売る方が簡単です。
一番高く買取してくれる業者はこちらで見つけました。
>>中古車買取一括査定サイト

下取りと50万円の差がつくことが有ります!




スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ